転職活動の履歴書作成のポイント


転職活動で成功するためには履歴書でのアピールは不可欠です。

しっかりとした履歴書を作成できなければ書類審査すら通過することはできません。

転職のための履歴書の中でもポイントになるのは志望動機の部分です。

大手企業だからとか給与が高いからだけでは採用担当者の心をつかむことはできません。

転職をするに値する動機を記載する必要がありますので、これまでの経験や仕事を踏まえた、今後の見通しを書くことです。

何に留意をして、志望動機を書くようにするといいでしょう。

入りたい企業で自分の能力は生かせるのか、求人の内容を正しく把握しているか、企業の目指すところを把握しているかが大事です。

転職の履歴書の志望動機はまず今までの仕事経験を具体的に書きましょう。

文章全体はスペースの9割は埋まるようにするのがベストです。

きちんと志望企業の求人内容を理解したうえで、転職前のキャリアを生かして新しい会社でどんな仕事に取組みたいかをアピールしましょう。

年収アップなどの志望動機は担当者にあまり良い印象を与えません。

スカウトメールをもらったからという動機もNGです。

アクティブに動かなければ、転職活動は成功しません。

会社側も欲しい人物があり、即戦力を求めていることが多いようです。

会社側は、モチベーションが高いだけで経験がない人を求めていることは滅多にありません。

転職活動が成功するような履歴書を作成したいのであれば、会社に自己PRができるものをつくりましょう。